膝痛の対処法!~原因は何?~

膝痛の対処法!膝痛の原因?水が溜る、ダイエット、病院や整体、鍼の選択基準などについてお伝えします!



変形性膝関節症の治療では、外科手術がありますが、

この手術はどのような事をするのでしょうか。

 

 

普通一般的には保存療法と呼ばれる「進行を止める」

治療の方が優先されるケースが多く見られます。

 

 

しかし、薬物療法にしてもリハビリテーションにしても、ある程度の改善は

見られても、劇的な改善や完治には至らないことがほとんどです。

 

 

このため、根治を求める場合はどうしても外科手術を

受けなければならないということになります。

 

 

比較的、骨や軟骨の変形が軽い方には、

高位脛骨骨切り術という手術が行われます。

 

 

これは、変形してしまった脛骨の形を手術によって矯正し、

膝の負担を軽減させる目的で行われます。

 

 

膝の骨の摩耗や破壊が激しい方の場合には、

片側人工膝関節置換術という手術が行われます。

 

 

この手術は、変形したり破壊された関節の表面を人工的な

部品を使って部分的に置き換えるという手術です。

 

 

つまり、金属などの人工物を骨の代わりに膝に埋め込むという手術になります。

 

 

人によっては、ちょっと拒否感や違和感を感じてしまう方がいるかもしれませんが、

これによって膝の関節は元の状態に戻ります。

 

 

 

 

同じく、関節の変形や破損が大きい方に行う手術には、

人工膝関節全置換術というのもあります。

 

 

手術方法としては、片側人工膝関節置換術と同じです。

 

 

ただ、片側人工膝関節置換術では、関節を部分的に置き換えるのに対して、

関節の表面全部を人工部品で置き換えてしまうというやり方になります。

 

 

 

 

人工膝関節全置換術は、老人など、変形や破壊がひどく

進んでいる場合に用いられる手術方法です。

 

 

この手術で完治できれば良いのですが、なかなか老人の方は

後のリハビリ次第だと思います。

 

 

手術をしたが何の効果もないと悲しいですからね…。

 

 

変形性膝関節症の手術の説明でした。

 

 

ページ上部に