膝痛の対処法!~原因は何?~

膝痛の対処法!膝痛の原因?水が溜る、ダイエット、病院や整体、鍼の選択基準などについてお伝えします!



関節痛の原因はいろいろありますが、薬は効果があるのでしょうか。

 

 

関節痛は軟骨が磨り減って痛みを感じるます。

 

 

関節にある軟骨とは、骨の端にある弾力性のある

半透明な3~5ミリ程度の厚さの骨のことです。

 

 

関節の軟骨は、水分を含んだスポンジのようなもので、

関節を曲げ伸ばしするときに受ける衝撃を吸入したり、

骨と骨の摩擦を防ぐ働きなどをしています。

 

 

この軟骨が加齢などにより磨り減ってしまうと、

関節痛が生じるようになります。

 

 

磨り減ってしまった軟骨は再生すればいいわけですが、

その際に必要なのが、コンドロイチンやグルコサミン、

MSM(メチルスルフォニルメタン)などの成分。

 

 

これらの成分は、軟骨の成分でもあり、軟骨細胞の再生を

促す作用があるとされています。

 

 

 

 

成分の補給には薬を服用しますが、その薬には以下のようなものがあります。

 

 

・コンドロイチンZS錠(ゼリア新薬工業)

 

 

 

・リズミカルDA(ノーエチ薬品)

 

 

 

・アクテージAN錠(武田薬品工業)

 

 

 

・フレックスパワーEX錠(ロート製薬)

 

 

 

・アンメルシンコンドロパワー(小林製薬)

 

 

 

・コンドロパワーEX(皇漢堂製薬)

 

 

 

・ノイビタZE(第一三共ヘルスケア)

 

 

 

・コンドロバランスDXα(第一薬品工業)

 

 

 

特に人気があるのが、「コンドロイチンZS錠」です。

 

 

CMでも宣伝していますが、知名度が高いことがその理由のようですが、

口コミの評判も上々のようです。

 

 

 

 

その他に、漢方薬の「雲仙錠」「ヨクイニントウ」などもあり、

医薬品によっては併用も可能です。

 

 

ご参考にしてください。

 

ページ上部に